資料請求・お問い合わせ

Works

お客様の声詳細│注文住宅・一戸建て

中庭、屋上、暖炉。欲しかったものを凝縮させた癒しの空間

お客様インタビュー - Nさんご家族

「いつかは自分の家を持ちたい」という夢を実現すべく、マイホーム探しを始めたNさんご夫婦。理想の土地を探すまでに、1年近く時間を費やしたというこだわり派。中庭を囲んだコの字型の設計、日差しがたっぷり降り注ぐ屋上、そして癒しの暖炉。注文住宅という選択肢によって、オリジナリティのあるマイホームが完成しました。そんな素晴らしい空間で毎日を過ごすNさんご夫婦に、注文住宅ならではの魅力や思い出深いエピソードなどを語っていただきました。

  • 住宅種別一般住宅
  • 家族構成夫婦+子供1人
  • 趣味庭でのんびり

マイホーム購入を決意したきっかけは何ですか?

ご主人: もともと自分の家はずっと欲しいと思っていて、年に数回は妻と一緒に展示場に通っていました。大きなきっかけになったのは、これまで住んでいた会社の社宅制度が変わり、自分の家を持ったほうが絶対に得だと思ったからです。

奥様: 色々な住宅展示場に足を運んだり、大手メーカーの「展示場ツアー」に参加してみたり。最初は何もかも手探りでしたが、「どうせなら注文住宅が良いな。」という漠然とした希望はありました。

ご主人: そんなときにリストさんの方々と会って、注文住宅に関するとても良いお話を聞かせてもらったんです。そんなに単価がアップするわけでもなく、ちょっと頑張れば「私でも理想的な注文住宅が建てられるのではないか!」、という考えに至りました。リストさんはCMなどで目にしていましたし、以前住んでいた家の近くに上大岡支店もあり、親近感が持てました。横浜に本社を置く不動産会社の中ではシェアNO.1というのも知っていたので、興味もあったんです。

注文住宅は土地探しからですが、理想の土地に巡りあうためのアドバイスは?

ご主人: 最初から土地を探すエリアを限定するのではなく、全く土地勘のないところでも、紹介されたら見てみるのが得策だと思います。視野も広がりますし、選択肢も増えますから。私たちも最初は上大岡を拠点にして、京急線から根岸線エリアを探していたのですが次第に「他のエリアも良いかな。」と思うようになって。1年ほどじっくり色々な土地を見て回って、ようやくこの場所にたどり着きました。

奥様: 初めてリストさんにこの土地を紹介されたときは、全く土地勘のない場所だったので、どんな人が住んでいるか、どんな環境なのかを調べることからスタートしました。調べているうちにここがとても良い土地だということが分かり、「早く決めないと他の人が契約してしまう!」と思って決心しました。

ご主人: この土地は高台にあったので、新居に絶対設置したかった薪ストーブの煙も、周囲の迷惑にならないから良いと思いました。

注文住宅ならではの苦労などはありましたか?

ご主人: 特に苦労や不安はありませんでしたよ。リストさんは土地担当者と建築担当者が常に一緒に相談にのってくれたので、とても助かりました。例えば土地を見に行ったときも、建築担当者が同行してくれて、「ここは土地だけ見れば大変魅力的ですが、この上に建物を建てたときに、数年後こんなリスクがあるかもしれませんよ。」など、正直にお話ししてくれました。

奥様: 自分たちは、最初に「こんな家にしたい!」というイメージがしっかりありましたから。それを担当者に全部話して、無理か可能か判断してもらうだけ。そんなスタンスだったので、とても楽でしたよ。

この家を建てる際に一番こだわったところはどこですか?

ご主人: まずは中庭ですね。庭が外に向いていると他人の目に晒されている気がしますが、中庭は自分たちだけで囲んで楽しめるので。窓を開けたときに、目の前に人の家があるよりは自分の庭に面しているほうが、プライバシー的にも全然違いますよね。天気の良い日に中庭をのんびり眺めているときは、本当に幸せです。

奥様: あとは薪ストーブです。地方に住んでいる友人たちが持っているのを見て、ずっと憧れていたんです。本当は、炎を見て心が休まればいいかな?という程度だったのですが、予想以上に温かいことに驚きました!2×4構造の気密性の高さも影響していると思います。温かい空気が階段から抜けて上の階まで届くので、家全体が温かいのです。冬はほとんどエアコンを使っていないんですよ。

ご主人: とてもエコな設備ですし、本当に導入して良かったと思っています!薪もインターネットで手軽に買えますしね。空気が汚れないので健康にも良いんです。

注文住宅ならではの利点は何でしょう?

ご主人: 馬込の建売物件を見たときに、たまたまルーフバルコニーがあるのを見て「これは良い!」と思いました。もともとの図面になかったのに、我が家にも急遽追加してもらったんです。こんな急な要求も受け入れてもらえるのは、注文住宅ならではですよね。

奥様: 床や壁の色や素材をすべて自由に決定できるのも嬉しかったです。家具とテイスト合わせることができたので、とても統一感のある部屋になりました。二階の部屋をミライカベにできたのも良かったです。

予算の面で苦労したことなどはありましたか?

ご主人: 最初に本体価格・諸経費・税金と、すべての費用を明確に提示してもらったので安心でした。少し多めに見積りしてくれて、「これ以上は発生しないので安心してください!」と言ってもらえたので不安がありませんでした。おかげで、予算オーバーは一切無しです!

奥様: 正直言うと、予算の都合で実現できなかったこともあるんです。例えば、窓にシャッターをつけるとか。でも、将来的にお金が貯まったらそのときに追加すればいいか!と思っているので後悔はありません。

奥様の"女性ならでは"のこだわりはありますか?

奥様: やはり家事動線は重視しました。アイランドではなくペニンシュラキッチンにしたので、キッチンカウンターの周りを、途中で止まらずにグルリと一周できる設計にしました。これで家事の流れがスムーズになって、家事負担も減りました。あとは、リビングからダイニングにかけての開放感も重視しました。限られたスペースをより広く演出するには、とにかく閉塞感のない開放的な空間を作りたかったのです。

ご主人: 玄関にベンチがあるのも妻の希望だったんです。ブーツを履くときに腰掛けることができるから便利だそうで…。自分たちが年をとったときにも、座って靴を履けるのはありがたいですよね。

今後さらに手を加えたい部分はありますか?

ご主人: 中庭をカスタマイズして、食事ができるようなスペースにしたいですね。以前住んでいた社宅はテラスで食事ができたので、そんな空間にしたいです。ちょっと後悔しているのは、庭に物置スペースを十分に作らなかったこと。何とか工夫して、小さくても良いので物置を設置できればベストですね。

奥様: このエリアは防犯意識が強いみたいなので、中庭に防犯砂利を置こうかと思ってます。見た目もよくなるし、靴の底も汚れないので良いですよね。あとは、中庭に植木をたくさん植えて、これからの季節は庭の眺めをもっと楽しみながら生活したいです!

取材を終えて

自分たちの欲しいものをすべて詰め込んだ夢のマイホームで暮らすNさんご家族は、とても幸せそうな笑顔が印象的でした。これからも色々な工夫を重ねて、もっと素敵な家を作り上げていきたいというモチベーションにあふれていました!