資料請求・お問い合わせ

Works

お客様の声詳細│注文住宅・一戸建て

理想的な土地との出会いから始まった、100点満点のマイホーム

お客様インタビュー - Tさんご家族

新聞の折込チラシを見て理想的な土地と巡りあったのをきっかけに、購入検討当初は頭になかった「注文住宅」を選択したTさんご夫婦。「抑えるところは抑える」という方法で、きちんと予算内で収めたという堅実派。南向きという好立地を最大限に活かした明るいマイホームは、「100点満点!」と笑顔で答えてくれました。そんなTさんご夫婦に、想定外だった注文住宅を建てるまでの色々なエピソードをお話していただきました。

  • 住宅種別一般住宅
  • 家族構成夫婦+子供2人
  • 趣味庭いじり

最初はどんなコンセプトで家を探し始めたのですか?

ご主人: 妻が上大岡出身で、これからも住むなら上大岡だと決めていましたので、場所を迷うことはありませんでした。ただし、最初は一戸建てにするかマンションにするかも決めていなかったんです。

奥様: 私はずっとマンション暮らしだったので「一戸建てに住む」というイメージは全く持っていなかったし、逆に主人は「住むなら一戸建てが良い」と思っていたみたいで。そんな状態で10件ほど内見にも行きました。その時点では、注文住宅にするか、建売か分譲マンションか、具体的なプランは何もありませんでした。

そこから、なぜ注文住宅の購入を決意するようになったのですか?

奥様: 色々な物件を見に行ったんですが、「これだ!」と思う物件に巡り会えなくて…。建売は収納や玄関が狭い物件が多かったり、間取りが固定されているのが不満でした。そんなとき、新聞の折り込みチラシでこの土地を見て、すっかり気に入ってしまったんです。

ご主人: この土地は私が家を建てる際に一番重視していた「日当り」が完璧でしたし、子供たちの通う学校も近かったのが魅力的でした。それをきっかけで注文住宅も視野に入れるようになって。自分たちのやりたい放題やるのではなく、ある程度抑えるところは抑えれば、注文住宅といえども予算の心配はクリアできるのではないかと思ったのです。

この家の一番のこだわりは?

ご主人: せっかく南向きだったので、できるだけたくさん日差しが入るように窓や天井を高く設計しました。玄関が鬼門にならないようにとか、風水も意識しました。

奥様: 主人が間取り重視なのに対して、私は見た目が第一優先でした。家全体が明るく見えるように、壁は白を基調にしました。あとは、ナチュラルなテイストが好きなので、木目をいかした内装に仕上げています。家具も木目調が多かったので、統一感が出せれば良いと思いました。それと、ちょっと予算をオーバーしても実現したかったのが無垢素材のフローリングとキッチンの床タイル。キッチンは食器棚も大きくしてもらって、収納を増やしました。

ご主人: 玄関の設計にもこだわっているんですよ。玄関部分の土地の形が斜めだったので、デッドスペースが出ないように土地の形をいかして広く設計しました。夫婦ともに洋風が好きなのですが、周囲の景観にフィットするように考慮しました。ご近所に落ち着いた和風のお宅が多いので、うちだけ浮いてしまっては良くないかなと思って。

土地を探す際に気をつけることなど、アドバイスをお願いします!

ご主人: 駅から多少遠くても、フラットな土地を選ぶことがおすすめです。アップダウンがあると、若いうちは良くても年をとってから大変ですよ。

奥様: この土地を検討していた頃、ちょうど同じような条件でもっと駅に近い物件が出ていたんです。しかし、その物件は道路に面していたのでやや騒音が気になりました。利便性をとるか、静かな環境をとるか迷ったんですけど、結果こちらの静かな環境をセレクトして良かったと思っています。やはり、長く暮らすことを考えると落ち着いて過ごせる静かな環境は大切ですよね。

ご主人: あとは、土地を探すときには焦らないことです。私たちも、理想的な土地と出会うまでに 数年かかりました。運やタイミングもありますからね。そのかわり「これだ!」と思う土地と巡り会えたら、あれこれ迷わず決めてしまった方が良いかもしれません。良い物件を逃してしまわないように、焦りは禁物ですが決断力も大切です。

今後もっとカスタマイズしたい部分はありますか?

ご主人: 予算の関係でベランダの設置をあきらめたので、今後増設したいと思っています。リストさんは土地探から施工・完成後の管理やリフォームまで全部お願いできるので安心です。各プロセスを違う業者に依頼するのは何かと面倒ですし。

奥様: 春夏に向けて庭の緑を増やしていこうと、二人で庭作りの勉強中です。うちはオール電化なので、太陽光発電も気になります。蓄電設備があれば、停電時の不安も電気代も減りますよね。

ご主人: 家は完成したら終了ではなく、「建ててからが始まり」だと実感しました。トラブル時の相談や管理、もっと住みやすくするための改修工事など…。リストさんとはこれからも長い付き合いになりそうです。みなさんも、焦らず納得のいく家を建ててくださいね。言いたいことははっきり伝えて、後悔のないようにしましょう。おかげさまで、今のマイホームは100点満点です!

取材を終えて

デザイン重視の奥様と、間取り優先のご主人。傾向の異なる二人だからこそ、意見をうまく合体させることで完璧なマイホームが実現したようです。太陽光発電やベランダ設置など、これからもますます素敵なマイホームに進化していきそうですね。